中絶の種類[ソウハ法と吸引法]

ソウハ法と吸引法を比較して意見を述べます。
この二つの方法の手術操作による危険度の差はありません。けれども、吸引法は消毒方法において、器械に一部 血液や組織が付着したままになり易く、不潔性・感染性が高いので、日本の多くの医師はソウハ法を行うことが多い状況です。

ソウハ法

特殊なハサミ状器具(胎盤鋏子)を用いて、手によって子宮内容物をかき出す

特徴
日本の多くの大学はこの方法を用いる。
90%以上の医師はこの方法である
メリット(長所)
機械がシンプルであり、感染などのトラブルを起こしにくい
デメリット(短所)
子宮筋腫や子宮が変形していると、手術に時間がかかる

吸引法

機械で陰圧をかけ金属棒を子宮内に入れ、吸引をかけることで吸い出す

特徴
主として胞状奇胎など、
特殊な病態のときに使用することが多い
メリット(長所)
手術時間が早い
デメリット(短所)
洗浄、滅菌に手間がかかる。器具を正確に滅菌しないと感染症を引き起こす原因を作る
滅菌・消毒時間に手間がかかるため、1日に2件ほどしか手術数ができない

中絶手術において、ソウハ法がよいか、吸引法がよいかは、経験豊かな医師であれば手術による後遺症の発生に差は全く出ません。
多くの大学病院で主として行われる手術法はソウハ法です。

当院の方法

原則、ソウハ法です。なぜならば、ソウハ法の器具は全て手術のたびに洗浄・滅菌されますが、吸引法は一度、長いチューブを通ってビンに回収されます。その回収ビンとチューブの接続部や機器に血液や組織の一部が残ったり付着する率が高いため、不潔な状態がどうしても否定できません。
少しでも感染を引き起こす可能性を避けるため、当院では吸引法を行っていません。
多くの医師がソウハ法に熟達しており安心です。
ご不安な方は診察時にDr.に御相談下さい。