手術後Q&A

日常生活

日常生活で注意することはありますか?
日常生活において特に注意することはありません。 手術範囲が広い場合は
当初はシャワーで、入浴は1週間後ぐらいからを目安にしてください。
それ以外では特に、していけないことはありません。
事務仕事は翌日からしてよいと聞きましたが、立ち仕事はしないほうがよいですか?
普段から行っている仕事であれば、原則おこなっても問題ありません。
発熱時や多量出血が続いているときは、お問い合わせください。
お酒は飲んでもよいですか?
手術後の診察を受けて、医師から許可があれば可能です。
ただし、日常から仕事で飲んでいる人は、翌日からであれば控えめに飲む程度であればよしとします。
(腹痛が増す可能性がありますが問題はありません。)
シャワーや入浴はいつからよいのですか?
シャワーは手術翌日からです。入浴は手術後の診察を受けて問題がなければ、
その時、医師から許可が出ます。(温泉は入浴と同様です。)

痛みに関して

手術後、傷が痛いのですが大丈夫ですか?
a.痛み止めを服用中でいらっしゃいますか。それでも痛みがつらいようでしたら、痛み止めを、1回1錠内服すべきところ、1回2錠に増量してください。2錠にしたことによって、不足した分は、市販の痛み止めで補っても、受診されて処方しても結構です。
(バファリン・セデス・イブ など)

b.(処方している内服薬を飲みきっている場合)
市販の痛み止めを使用して様子を見るか、外来にいらしてください。

出血に関して

手術後、出血が続いています。
手術後1~2週間は、多少の出血がみられることもあります。出血の量は、人によって非常に個人差があります。手術直後からまったくないかた・手術直後がなくて、数日たってから急に出血が出現するかた・最初から出血の多いかたなど非常に様々です。生理の2日目並に多量の出血が3日以上続いているようでしたら、状態を確認いたしますので早めに外来受診されてください。
一度出血が止まったが、再び出血しました。
そのような事もあります。特に心配ありません。そのまま受診日まで様子を見てください。
一旦、出血が止まったので性行為(SEX)をしたら、出血しました。
そのまま様子を見てください。次回、予約どおりに受診をしてください。

発熱など

手術後から3日以上、38度以上の熱があります。受診が必要ですか?
状態を拝見しますので受診をされてください。
手術後、38度以下だが熱があります。大丈夫ですか?
発熱が5日以内であり、ご自分で歩行ができる状態であれば様子をみてください。
予定通りの次回診察でも問題ないですが、心配でしたら早めの診察へ変更されてもよいです。

その他

手術後、薬を飲んでから下痢がひどいのですが、大丈夫ですか?
一旦、薬の内服を中止してください。
それでも、下痢をしてつらいようでしたら受診をされてください。
処方された薬と風邪薬(病院処方、市販のもの)を一緒に飲んでもよいですか?
はい。一緒に内服しても問題ありません。
性行為(SEX)は、いつから行っても平気ですか?
皮膚が乾燥してもとに戻ってからですので、2週間後ぐらいですが、 小さい傷で、すぐに痛みや液体のにじむようなことがなければ、性行為(SEX)をしてもかまいません。

採血後のQ&A

採血した部分が内出血したようになっているが大丈夫ですか?
採血後に生じる青アザや腫れは、必ず生じるものではありませんが、
採血直後に生じる人や1~2日後に生じる人もいらっしゃり、さまざまです。
これは、採血量が多いから内出血になりやすいわけではなく、採血者の手技の上手、下手にも関係しません。
また、患者さまに重大な病気や血液に関する障害があるという事でもありません。
生じる理由として(1)血管内の静脈圧(2)血管外の組織との圧力(3)血液自体の性質等が関係します。
従いまして静脈圧の強い男性や、採血後の圧迫する時間が少なかった人などに生じやすくなります。
内出血斑や腫れは、必ず1~2週間前後には消失しますので、自然経過で様子をみてください。
また、入浴も問題ありません。その内出血がその後の手術の妨げになることもなく、
手術後の薬を内服する事も全く問題ありません。